脱毛サロンで脱毛後は禁酒しよう!

脱毛サロンで脱毛を受け、開放的な気分でお酒を楽しむ・・・
憧れのシチュエーションではありますが、実はこれは注意しなければならない行動の1つなのです。

 

飲酒で毛穴が開きやすく!

お酒を飲むと、体がぽかぽかしてきますよね。
これは、お酒に血行促進作用があるためです。

 

また、お酒を飲むと毛穴が開きやすくなることも分かっています。
そのため、脱毛施術後のデリケートな肌の状態で飲酒をすると、火照りが強くなったり、痛みが増したり、赤みが出てきたりするのです。

 

これらの症状にプラスして、開いた毛穴から雑菌が侵入しやすくなり、トラブルも起こりかねないので注意しましょう!よく、大きなケガをした時などにはお酒はダメ!という話を聞きますよね。
それと同じで、脱毛後の肌の状態を良好に保つためにも、当日はお酒を避けたほうが良いのです。

 

もし、万が一当日に飲酒してしまい、ヒリヒリと痛みを感じた時には、直ぐに冷やしたおしぼりなどで施術部位をクールダウンしましょう。

 

飲酒は肌が落ち着いてから!

だけど、脱毛を受けたからといって、大好きなお酒をやめるのは辛い・・・という方も多いですよね。もちろん、脱毛に通っている間中、お酒を楽しめなくなるというわけではありません。
肌状態が完全に落ち着けば、普段通りの飲酒は可能です。

 

脱毛を受けて2〜3日すれば、ほとんどの方が肌状態も落ち着いてくるので、その頃から飲酒を再開しても良いでしょう。あるいは、脱毛の効果というのは基本的に、施術後2〜3週間後に現れてきます。
この頃に、ムダ毛が抜けたお祝い!とお酒を思い切り楽しんでも良いですね!