脱毛サロンで脱毛後の肌は保湿を徹底!

脱毛を受けた後の肌は、非常に乾燥しやすい状態になります。
もちろん、脱毛サロンでは施術直後に丁寧な保湿ケアが行われます。
ですが、この脱毛サロンによる一時的なケアだけでは、肌状態を良好に保つのは難しいのです。

 

火照りが落ち着いたら保湿を!

脱毛後の肌状態を良好に保つためのホームケアとして、保湿を行い始めるのは、肌状態が落ち着いてからです。脱毛を受けた直後の肌というのは、火照りや赤みがあります。
そのままの状態で保湿ケアをするのではなく、まずは肌をしっかり鎮静化させましょう。

 

自宅に帰った後、まだ火照り、赤みといった症状が残っている場合には、まずはしっかりとクールダウンさせます。水で濡らし、冷蔵庫で冷たく冷やしたおしぼりを施術部位に当てて、しっかり冷やしましょう。

 

火照り・赤みといった症状が落ち着いたら、保湿ケアを行います。
顔でもボディでも、どこの部位でも保湿は必要です。

 

保湿化粧品の選び方

脱毛を受けた後の肌を保湿するアイテム選びで気を付けたいのは、刺激の強さです。
できるだけ低刺激なものを選んでケアするようにしましょう。

 

施術後の肌は非常にデリケートな状態です。
そこに刺激の強い化粧品を用いると、思わぬ肌トラブルが起こりかねないのです。

 

顔の脱毛を受けたのなら、低刺激な敏感肌用の化粧品で、いつもよりたっぷり目のローションを塗布してケアすること。ボディの脱毛なら、ベビーローションなどを用いてケアすると良いですね。
量はケチケチせずに、たっぷりと使うことがコツです。

 

保湿ケアを毎日徹底することで、肌状態が整い、次回の脱毛効果も得られやすくなりますよ!