ムダ毛が濃くなるのはなぜ?

よく、ムダ毛を自己処理すると「毛が濃くなった!」なんて噂を聞きますよね。
医学的には、このようなことは起こらない、なんて言われていますが、実際に濃くなったと感じたことがある方は少なくありません。
では、どうしてムダ毛を処理することで、濃くなってしまうことがあるのでしょうか?

 

見え方の違い

まず、カミソリなどにより剃るというムダ毛処理をすると、生えてくる毛の断面が太くなってしまいます。
これにより、ムダ毛の見た目が濃くなったように感じられてしまう、というのがよく耳にする説ですね。

 

肌を守ろうとする働き

ムダ毛が生えている理由の1つに、「肌を守るため」というものがあります。
ケガをした後の肌に、他の部位よりも濃いムダ毛が生えてきてしまった!なんて経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

カミソリなどでムダ毛を処理すると、肌に多大な悪影響を与えてしまいます。
肌の表面もうっすらと削り取ってしまい、この肌を守らなければならないという本能が働きます。
そのために、カミソリなどで自己処理した後の肌には、濃いムダ毛が生えやすくなってしまう、というわけなのですね。

 

ホルモンバランスの乱れ

ムダ毛が濃くなる要因には、もっと内面的なことが関係していることもあります。
例えば、ホルモンバランスが大きく乱れることです。

 

妊娠中には、ムダ毛が極端に濃くなったり薄くなったりという現象を体験する人が多いですね。
これは、妊娠中にホルモンバランスが大きく変化するためです。

 

つまり、特に肌や毛根には何もしていないのに、ムダ毛が濃くなってきたという方は、ホルモンバランスが乱れている可能性があります。
女性ホルモンに似た働きをする大豆製品などを食べたり、ローズの香りを楽しむなどの方法で、ホルモンバランスの乱れを整えましょう!